授乳中でも安全・安心な便秘解消法TOP >

授乳中でも安全・安心な便秘解消法リンク集◆2

腸内環境 改善 サプリ

正常な腸内環境を維持することは軽度の機能性便秘の予防だけでなく、病気の予防などにもとても重要です。まずは、簡単ですぐにできる腸内環境チェックを行って、日々の生活習慣を見直し、自分の腸のことを考えてみましょう。大便の約1/3は細菌で占められています。この腸内細菌には体にとって有益な善玉菌と、発ガン促進物質や成人病などの健康障害をおこすような毒素をだす悪玉菌とがあります。健康で長生きするためには常に食生活や排泄異常に注意し善玉菌優勢に保つよう心掛ける事が大切です。小腸は十二指腸、空腸、回腸からなり、粘膜に多数の横ひだと繊毛があって、送られてきた栄養成分を消化吸収し、蠕動運動などによって食物を大腸に送り出すはたらきを担っています。大腸は盲腸、結腸、直腸に大別され、水分や栄養成分を吸収し、残渣(糞便)を下方に輸送する働きをします。 腸内環境改善法 腸内環境を改善するにはプロバイオティクスとプレバイオティクス善玉菌の摂取(プロバイオティクス)乳酸菌やビフィズス菌などひとの体に有益な善玉菌の接種を常日頃心がけることが大切です。善玉菌を増やす。(プレバイオティクス)腸内の善玉菌が増える環境をつくることが大切です。善玉菌は大体接種の段階で胃などで減り大腸まで届きます。せっかく届いた善玉菌も3週間くらいで体外に排出されると言われています。そのためには、善玉菌のエサ(エネルギー源)の接種と環境作りが大切になります 腸内の善玉菌を増やすことは、癌や老化の予防に有効です。癌治療においても、善玉菌を増やして腸内環境を良くすれば、癌に対する抵抗力や治癒力を高めることができます。ここで大切なことは、ヨーグルトをいくら摂取しても腸にすんでいる善玉菌を増やすことはできないという点です。ヨーグルトの乳酸菌は、胃酸で殺されるからです。たとえ腸にたどりついても腸内で定着することはできません。腸内にもともと棲み着いている善玉菌を増やすことがポイントです。

便秘 解消方法

便秘解消方法 食品(食べ物) 気持ちの良いお通じは、腸内細菌が深く関係していることがわかっています。腸内細菌には、大きく分けると、身体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌があります。これらの腸内細菌バランスは年齢や環境に応じて変化していきます。腸内細菌の中で、今最も注目されているのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は善玉菌としては腸内に一番多く住んでいて、腸内全体の菌数の10〜20%にあたります。このビフィズス菌をさらに増やすことによって、便秘の解消(便通の改善)はもちろんのこと、食中毒の予防、免疫力の調整、生活習慣病の予防まで、たくさんの効果が期待できます。逆に、ビフィズス菌が減り、悪玉菌が増えてくると、便秘など様々な病気のきっかけとなります。つまり、便秘を解消するためには、ビフィズス菌をできるだけ増やしてやることが重要になります。このためには、下の要素を持った食事をすることが大切です。 【便秘解消に必要な食べもの】善玉菌(ビフィズス菌)の餌になるもの オリゴ糖(キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖など) ← 野菜、豆類、乳製品などに含まれる。善玉菌(ビフィズス菌)の増殖を助けるもの納豆菌、乳酸菌 ← 納豆、ヨーグルト、漬物などに含まれる。善玉菌(ビフィズス菌)の育つ環境を作るもの食物繊維 ← 野菜、穀類、海藻、豆類、果物などに含まれる。便秘解消の食事、ビフィズス菌を増やす食事、生活習慣病を予防する食事、免疫力を高める食事、すべて基本は同じです。穀物、野菜を中心としたバランスの取れた食事、これは日本の伝統食です。特に、玄米、緑黄色野菜、イモ類、豆類、海藻、果物、そして納豆、味噌、漬物(京の漬物・すぐき漬など)、ヨーグルトなどの発酵食品を上手に利用しましょう。現在の私たちの食事は、肉類などのタンパク質や脂質の多いものになっています。この食生活を変えることが、便秘解消の第一歩です。 どうしても食事で足りない場合には、食物繊維系サプリメントや乳酸菌サプリメントを摂取しましょう。

ダイエット 便秘

ダイエットと便秘ダイエットが便秘の原因になることも!スリムになるために行うダイエットも無理に行うと、おなかの張りのと便秘の原因になってしまいます。 極端に食事量を減らすと食物繊維が減り、便が排出されにくくなります。水分が不足すると、便が硬くなって移動しずらくなります。さらに脂肪分を控え過ぎると、便のすべりが悪くなります。せっかくのダイエットも、正しく排泄が行わなければ健康を害う結果になりかねません。ここで聞き逃せない難点は、便秘のせいで、せっかく摂取している健康補助食品やダイエット食品の成分吸収が阻害される事があるという点です。本来ならば、腸内から吸収されるべきダイエット食品の極微量で繊細な有効成分。これらが腸内の老廃物によって吸収されずに排出されてしまっているかもしれないのです。もともと人間は不要な成分を排出できる機能をもっていますが、老廃物はこれらの機能を正常に働かなくしてしまいます。便秘の方で、いろんなダイエット食品をやってきたが変化があらわれなかった方は要注意です。便秘、それは便が快適に出ない状態。食べる量を減らすと、自然と排泄物の量も減ってしまうため、ダイエッターにもよくみられる便秘。精製された柔らかいものを多く食べ、慢性的な運動不足。不規則な食生活に忙しい朝。そんな日々を送っている現代人の病気が便秘です。 腸をきれいに保てば、代謝が高まり、余分なものを排泄する機能が上がります。便秘の状態が続くと、ぽっこり下腹が出てしまい肌が荒れるなど、単純に見た目にも「キレイ」とは言えません。だからこそ、健康でキレイを目指すダイエッターは便秘ではいけないのです!  便秘に効果的な食物繊維は、噛みごたえがあり、低カロリーなものが多いので、ダイエッターの強い味方です。今こそ便秘を解消するために、“出すために入れる!”生活を実行しましょう!

便秘 食べ物

食べ物で便秘解消 便秘対策で重要な物の一つは、食べ物です。 効果が高い便秘解消 食品 らっきょう/ヤーコン/わかめマヨネーズ / 雑穀で解決/干し納豆/ごぼう/寒天ヨーグルト/ 塩ヨーグルトで解消/黒糖ヨーグルト/ 玄米/ライ麦/スキムミルクヨーグルト/ さつまいもヨーグルト/アロエシャーベット/きんかん酒/みそ/大豆/こんにゃく/きのこ/おくら/ オリーブオイル/きのこヨーグルト ケフィア/トマト/アポガド豆腐/おしんこ/にんじんの酢油かけ/ シリアル/そば/枝豆/グリンピース/あずき/ごま/甘栗/アーモンド/さつまいも/さといも/ かぼちゃ/切干大根/ニラ/ほうれん草/ キウイ/りんご/カキ/ドライフルーツ/ 昆布/しいたけ 便秘解消に役立つ食物繊維が多い食品 きくらげ  57.4 かんひょう 30.1 切干大根 20.7  いんげん豆 19.3 らっきょう 18.g   ライ麦粉 10.5あずき  11..8 おから  9.7 オートミール 9.3 つくし 8.1 グリンピース 7.7 しそ 7.3  パセリ 6.8    モロヘイヤ 5.9   ごぼう 5.7   にんにく 5.7    アシタバ 5.6 キャベツ 5.5 ユリ根 5.4アポガド  5.3  枝豆 5.0    オクラ 5.0  キンカン 4.6ブロッコリー 4.4 エリンギ 4.3   菜の花 4.2  干しブドウ 4.1バジル 4.0大根 4.0g ぜんまい 3.1 玄米 3.4 あさつき 3.3 ほうれん草 3.5   キウイ 2.9 にんじん 2.7   春菊 3.2   タケノコ 3.2 ヤーコン 2.6 カリフラワー 2.6  小松菜 2.5 キウイ 2.5 セリ 2.5 食パン 2.3  かぼちゃ 2.3  ねぎ 2.3 ニラ 2.0 みかん 1.9 プルーン 1.9  ピーマン 1.8 なす 1.9 すぐきな 1.7 カキ 1.6 たまねぎ1.6 パイナップル 1.5 かぶ 1.5 サニーレタス 1.4 りんご 1.3 ふき1.3 もやし 1.3  うどん 1.2  トマト 1.2   レタス 1.1

プロバイオティクス 食品

「プロバイオティクス」とよく似た言葉ですが、「プレバイオティクス」という言葉も使われています。これは、「プロバイオティクス」の好物で餌と言えるもの。例えば、オリゴ糖は、消化されずに腸に届き、ビフィズス菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にして、悪玉菌を抑えます。フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖などが商品化され、特定保健用食品に認可されているものもあります。乳酸菌は、プロバイオティクスの中の代表的な菌種のことです。乳酸菌は、腸の中で糖分を分解してエネルギーに変え、乳酸を作り出す細菌の総称です。腸にとっては善玉菌として働きます。乳酸発酵食品を積極的に食べましょう乳酸菌は繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作り、これを乳酸発酵と呼びます。乳酸による発酵食品というとヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますね。最近は、ラクトバチルスG21株(LG21菌)、ラクトバチルス・ジョンソニ株(LC1菌)、ビフィズス菌ヤクルト株(B.ブレーべ・ヤクルト株)など、「プロバイオティクス」をキャッチフレーズにPRしている乳酸菌飲料やヨーグルト等も販売されています。TVなどでも取り上げられているので、よくご存じですよね。


Copyright © 授乳中でも安全・安心な便秘解消法リンク集2 All rights reserved